コラボ商品発売中!

JOURNAL誕生石

TOP > ジャーナル > 宝石 > 誕生石 > 5月の誕生石について

2024.05.02

5月の誕生石について

5月の誕生石について

こんにちは。

本日は5月の誕生石についてご紹介をしたいと思います。

 

5月と言えば、新緑が美しくなり、春から夏への移り変わりを感じられる時期です。特に気候も穏やかで心地良い季節です。

そんな5月の誕生石は「エメラルド」と「ヒスイ」になります。

 

エメラルドは緑色の宝石のイメージが強く、多くの方が一度は見たことがあるのではないでしょうか?

ヒスイは、パワーストーンとして人気がある石かと思います。

 

それではこれより、2つの宝石についてお話していこうと思います。

 

エメラルド

エメラルドは、世界四大宝石の一つで、色は薄いものから濃いものまでグリーンが特徴的な石です。

 

産地

エメラルドは世界中で採掘されますが、特に有名な産地としてはコロンビア、ブラジル、ザンビア、ジンバブエなどがあります。コロンビア産のエメラルドは特に高品質とされています。

 

■色

エメラルドの独特な緑色は、微量のクロム、バナジウム、鉄などの元素によってもたらされます。色調は明るい緑から深みのある緑までさまざまですが、豊かな緑色が最も価値が高いとされます。

 

■硬度

モース硬度が7.5~8であり、比較的柔らかい宝石の一つです。そのため、多くのエメラルドには内部に不純物やインクルージョン(内包物)が含まれていることが特徴の一つでもあります。

 

■意味

古代文明から高く評価され、古代エジプトや古代ローマの支配者たちが愛用していたとされています。また、愛と豊かさの象徴とされ、霊的な力や保護の力があると信じられてきました。その為、様々な文化や宗教で重要な役割を果たしてきました。

 

現代の宝石市場でも、高級な宝石として非常に価値があり、希少で高品質なものは高額で取引されています。その上で、作品としてのハイジュエリーに使われることも多々あります。

 

ヒスイ

 

■構成・産地

ヒスイは主にネフライトとジェダイトの二つの鉱物から成り立っています。ネフライトは柔らかな繊維状の組織を持ち、ジェダイトは結晶構造を持ちます。

 

世界各地で産出されますが、特に中国、ミャンマー、ロシア、ニュージーランドなどが有名です。

 

■色

色は主に緑色ですが、白、灰色、黄色、紫色などのバリエーションもあります。中でも、美しくきれいな緑色をしたヒスイを「インペリアルジェイド」と呼び、高い評価を受けています。

 

■硬度

ヒスイの硬度は約6~6.5であり、ダイヤモンドやサファイアなどに比べると柔らかいですが、比較的硬い宝石の一つと言えます。

 

■意味

ヒスイは古くから東アジアの文化において重要な役割を果たしてきました。中国では、ヒスイは長寿や幸運、健康を象徴し、宮廷の玉座や墓からも発掘されています。

仏教や道教などの宗教的な儀式や装飾品としても利用されてき歴史をもち、精神的な力や平和をもたらすと信じられています。

 

パワーストーンとしても高い人気を誇り、高品質なものは高値で取引されています。

 

ヒスイの特徴として、親油性が高いことが挙げられます。親油性が高いことで身に付ければ身に付けるほど、肌の油分が浸透して艶が増して美しくなります。
その為、「色が育つ宝石」などと呼ばれることがあります。色が育つなんて可愛らしい石ですよね。

 

まとめ

今回は、5月の誕生石である「エメラルド」と「ヒスイ」でしたが、いかがだったでしょうか?

 

エメラルドは、結婚式55周年をエメラルド婚式といい、結婚を記念する石としても有名です。

おめでたい55周年に、パートナーの方にエメラルドを送られるのも、いいお祝いになりそうですね✨

 

Fruorでは今後も宝石についてご紹介が出来ればと考えています。

その上で、商品化へと繋げ、皆様が好きな宝石を身に付ける楽しさをお伝えできればと考えております。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Fruor

Ranking

身に着ける喜びを引き出す

「Fruor」は山梨県甲府市にある有限会社ジュエル・ハヤカワのジュエリーブランド。
多種多様な加工技術を強みとし、特徴のある特殊なジュエリーを展開しています。