7/12-14 TOKYO JEWELRY FES ’24 SUMMERへ出展

JOURNAL誕生石

TOP > ジャーナル > 宝石 > 誕生石 > 6月の誕生石について

2024.06.04

6月の誕生石について

6月の誕生石について

こんにちは。

本日は、6月の誕生石をご紹介いたします。

 

6月は、雨がしんしんと降り続く梅雨のイメージの強い月ですが、「ジューンブライド」として結婚式が多く行われる月でもあります。

そんな6月の誕生石は「パール」「ムーンストーン」「アレキサンドライト」の3つになります。

 

それではそれぞれの誕生石について話していきます。

 

パール(真珠)

パールは、二枚貝が異物(砂粒や寄生虫など)を取り込んだ際に、その異物を包み込むために分泌する物質(真珠層)が層状に積み重なることで形成されます。主な成分は炭酸カルシウムとコンキオリンという有機物質で、これらが結合して美しい光沢を持つ真珠が生成されます。

 

■種類

パールにはいくつかの種類があります。

まずは日本で主に養殖される真珠で、繊細な光沢が特徴的なアコヤ真珠。

つぎにオーストラリアやインドネシアで養殖される大型の真珠で、色合いが豊かな南洋真珠。

そしてフランス領ポリネシアで養殖される黒真珠で、その色合いが魅力のタヒチ真珠などです。

■色・形

パールの色は白、クリーム、ピンク、ゴールド、ブルー、グリーン、ブラックなど多様です。色は真珠層の厚さや構造、母貝の種類によって異なります。

 

パールの形は丸いイメージが強いと思いますが、丸だけでなく半円やしずく型をしたマベパールやいびつな形をしたケシパール、バロックパールなどが存在しています。

■鑑定基準

パールは養殖した二枚貝から取れるとはいえ、あくまで自然に育つものです。

 

ダイヤモンドと同様に、パール独自の評価基準が存在します。

・光沢(Luster):表面の輝きと光の反射具合

・表面の状態(Surface Quality):傷や斑点の有無

・形(Shape):丸さや形の均一性

・色(Color):色の均一性と美しさ

・サイズ(Size):真珠の直径

これらを総合的に判断し、評価が下されます。

 

現在では、品質の高いパールは数年前に比べても、かなり高額で取引をされるようになっています。

 

■意味

パールは古くから宝石として珍重され、多くの文化で富や権力の象徴とされてきました。

例えば、古代ローマではパールは裕福さと高貴さの象徴とされ、中世ヨーロッパでは王侯貴族がパールを愛用しました。

日本でも、平安時代からパールは高貴な装飾品として使用されてきました。

 

ムーンストーン

ムーンストーンは名前の由来にもなっている石の内部で光が反射し、月の光のような柔らかな輝きを放つ特徴を持ちます。

この光学効果は「シラー効果」または「アデュラレッセンス」と呼ばれます。

 

■シラー効果

ムーンストーンの最大の特徴は、その独特の光学効果であるシラー効果です。

この効果は、石の内部にある微細なアルバイトとオルソクレースの層が光を反射することで生じます。

光が石の中で屈折し、干渉し合うことで、青白く輝く光の帯が現れます。

その神秘的な光は、とても魅力的です。

 

■産地

ムーンストーンの主要な産地はインド、スリランカ、ミャンマー、マダガスカル、ブラジル、アメリカなどです。特にスリランカ産のブルームーンストーンは高品質で知られています。

 

■色・種類

色は無色、白、グレー、ブルー、グリーン、ブラウンなど多色ではありますが、特に無色透明~乳白色の石に青色のシラー効果があらわれたブルームーンストーンが有名です。

 

色に関係する種類ですが、

・ブルームーンストーン: 青いシラー効果が最も強い種類で、最も希少で高価です。

・レインボームーンストーン: 虹色のシラー効果を持つ種類で、正確にはラブラドライトではありますが、ムーンストーンとして販売されることがあります。

・ホワイトムーンストーン: 白い色調と柔らかなシラー効果を持つ種類。

・ピーチムーンストーン: ピンクやオレンジの色合いを持つ種類。

などがあります。

 

■意味

ムーンストーンは古代から多くの文化で崇拝されてきました。ローマ人は月の光がこの石に封じ込められていると信じ、アジアでは神聖な石として崇拝されていました。また、インドでは恋人たちに幸福をもたらす石として知られています。

 

また、パワーストーンとしての意味合いも強く、直感、感情、愛情、安定、創造性を象徴するとされています。古くから女性性や月のエネルギーと関連付けられ、内面的な成長や心の平穏を促進するために使われています。

 

ムーンストーンはFruorの誕生石リングでも選択が可能ですので、ぜひ商品ページも覗いてみて下さい。

アレキサンドライト

アレキサンドライトは、特にその珍しい色の変化特性で知られる宝石で、世界三大希少石のひとつです。

 

■産地

産地は、スリランカやブラジル、ロシア、インド、タンザニアなどで採掘されています。

産地によって色の変化の度合いやインクルージョン(内包物)の量が変わる為、価値にも大きく影響が出ています。

 

■特徴

アレキサンドライトの大きな特徴として、色の変色効果が挙げられます。

色の変色効果とは、日中の自然光の下では緑色から青緑色に見え、人工光(白熱灯など)の下では赤色から紫色に変わる現象のことです。

 

また変色効果に加えてキャッツ・アイ効果を示すものも存在しています。

変色効果の度合いが強いものやキャッツ・アイ効果を有するものは特に貴重とされています。

 

■構成

アレキサンドライトは、ベリリウムアルミニウム酸化物(BeAl2O4)で、クリソベリルの変種です。

クロムの微量な混入が色変化の原因とされています。

 

非常に硬く、耐久性がありますが、衝撃や急激な温度変化には注意が必要です。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は、6月の誕生石「パール」「ムーンストーン」「アレキサンドライト」の3つを、簡単ではありますがご紹介させて頂きました。

 

パールはダイヤモンドと並び、ご愛用されている方も多いかと思います。

ほかの2石の宝石もそれぞれ異なる特性と魅力を持っており、6月生まれの人々にとって特別な意味を持ちます。

6月生まれの方は、自分のスタイルや好みに合ったものを選んで楽しんでみて下さい。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

今後も皆様がジュエリーを楽しめる情報を発信していきます。

 

Fruor

Ranking

身に着ける喜びを引き出す

「Fruor」は山梨県甲府市にある有限会社ジュエル・ハヤカワのジュエリーブランド。
多種多様な加工技術を強みとし、特徴のある特殊なジュエリーを展開しています。